ファーディナンドとイングランド代表

ファーディナンドとイングランド代表
リオ・ファーディナンドが初めてイングランド代表に名を連ねたのは1995年。
当時所属していたウエストハム・ユナイテッドではプロ契約したばかりだったためリーグ戦の出場経験はなかったが、その実力の高さからU-17イングランド代表に選出された。
イングランド期待の新星として注目を集めたファーディナンド。
1997年11月。
若干19歳の若き青年はついにA代表デビューを果たす。

イングランド代表の4バックには、リオ・ファーディナンドとジョン・テリーのセントラルコンビは鉄壁。
セットプレー時にもこの2人が敵陣ゴール前に上がるだけで、相手は相当の脅威を感じるであろう。
更に、左サイドバックにはアシュリー・コールも構え、イングランド代表のディフェンスラインは世界最高峰であると言って間違いない。

代表内では、リーズ・ユナイテッド時代にチームメイトだったフランク・ランパードと仲が良い。