メッシについて

アルゼンチン代表、FCバルセロ所属、リオネル・メッシ。
サッカーを始めたのは5歳の時、父親がコーチを務めるクラブに入団した。
1995年に地元クラブのニューウェルズ・オールドボーイズに入団したが、11歳の時に成長ホルモンの分泌異常の症状が発覚。
医学的な治療なしでは身体は発達しないと診断される。
13歳の時、スペイン、FCバルセロナの入団テストに合格。
当時の監督カルロス・レシャックはメッシのプレーに一瞬で惚れ込み、迷うことなく合格を決めたという。
FCバルセロナは、家族揃ってのバルセロナへの移住を条件に、メッシの治療費をクラブ側が全額負担することを約束した。
この時、メッシの身長は143cm。
その後ユースチームで継続的に治療とトレーニングを続けた結果、身長は169cmまで成長。
2004-2005シーズンには17歳にして本格的にプロのサッカー選手としてのキャリアをスタートさせる。