メッシの名シーン

かつてディエゴ・マラドーナが成し遂げた「5人抜きゴール」と同じく、5人抜きの偉業をFCバルセロナのリオネル・メッシが成し遂げた。
マラドーナ本人も認める「マラドーナ2世」として注目されていたメッシ。
スペイン国王杯「コパ・デル・レイ」準決勝1stレグ、ホームでの対ヘタフェ戦、センターサークル付近からひらりひらりと5人の相手選手をかわしてゴールを決めた。
マラドーナが生んだ伝説の5人抜きゴールとほぼ同じコースを辿り、ボールタッチ数も同じ13回だったという。
当時のリーガ最小失点チーム相手に繰り出した「マラドーナ2世」と呼ばれる彼の「2世」ぶりを見せ付けたスーパープレーであった。
このシーズン、チームはリーガとチャンピオンズリーグのどちらも優勝できず無冠に終わったが、メッシはリーグ、カップ合計で36試合に出場し17ゴールを記録した。