カカについて

ブラジル代表ミッドフィールダー、カカ。
カカという名前はニックネームで、本名はリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイチである。
ニックネームの由来は、弟のロドリゴが3歳の時にリカルドと発音できず、「カカー」と言ってしまったのが始まりとされる。
「ブラジルの男の子は、まずサッカーボールを与えられ、サッカー選手を目指す」この流れは貧富の差の激しいブラジルならではであるが、カカはブラジル出身の選手にしては珍しく、中流階級の家庭出身。
若い頃からイタリア・セリエAのACミラン不動のエースとして活躍してきたが、今シーズンからラブコールを受け続けていたスペイン・リーガエスパニョーラの銀河系軍団レアル・マドリードの一員となった。
2007年にはバロンドール、FIFA年間最優秀選手賞、FIFPro年間最優秀選手賞、英誌ワールドサッカー選出世界年間最優秀選手賞と4つの栄誉を手にするという偉業を成し遂げた。