ジェンナーロ・ガットゥーゾについて

ジェンナーロ・ガットゥーゾの生まれはイタリア、カラブリア州のコリリアーノ・スキアヴォネア。

幼くして、ミラニスタである父親の影響でガットゥーゾはサッカーを始める。

その後、親元を離れてペルージャへ加入。

ガットゥーゾが17歳の時、セリエBではあるがトップチームでプロデビューを果たした。

翌シーズン、セリエAに昇格したペルージャで8試合に出場しセリエAデビューを飾る。

「ペルージャでの年俸の30倍払う」ガットゥーゾをこう口説いたのはスコットランドの名門レンジャーズであった。

レンジャーズに加入したガットゥーゾは無尽蔵のスタミナと気迫のこもったディフェンスでチームに貢献。

その後も評価を上げ続けたガットゥーゾはセリエAのサレルニターナを経て、強豪ACミランに加入し。

叫びながら必死にボールを追いかける姿から「闘犬」と呼ばれ、世界中にガットゥーゾの泥臭いプレーを愛するファンがいる。