ズラタン・イブラヒモビッチとワールドカップ

ワールドクラスの選手を各ポジションに揃え、スウェーデン代表はここ数年で強豪代表国へと成長した。

その中心メンバーにはズラタン・イブラヒモビッチという男がいる。

しかし、そのイブラヒモビッチを筆頭に、ある事件を起こしてしまった。

イブラヒモビッチとスウェーデン代表の選手数人はストックホルム市内の高級クラブで開かれたあるパーティーにした。

パーティーに参加したこと自体にはなんら問題はないのだが、ただタイミングが悪かった。

パーティー参加直前、スウェーデン代表は2010年の南アフリカワールドカップの切符を賭けて、欧州予選を戦っていた。

しかし、健闘振るわずグループリーグ3位に終わった同国代表は本選への道が閉ざされてしまう。

そんな、スウェーデン国民にとって最悪のニュースを発信した直後、連戦の疲れやプレッシャーを解消しようと思ったのか、イブラヒモビッチたちは俳優やアーティストと共に朝までパーティーを楽しむという暴挙に走ってしまった。

当然、国民はこのことに憤慨。

高級クラブではVIP待遇を受けた彼らを、今後どのように迎え入れるかに注目である。