スティーブン・ジェラードのプレースタイル

「スティーブン・ジェラード・スペシャル」こんな名前がついてしまった。

言わずと知れたミドルシュートの名手、スティーブン・ジェラード。

イングランド国内では、彼が放つ強力なミドルシュートのことをそう実況しているのだという。

2006年FAカップ決勝戦、リヴァプール対ウエストハム。

クラブの威信を賭けて戦う両者。

スコアは2-3、ウエストハム1点リードで迎えた後半ロスタイム、アタッキングエイアにこぼれた浮き玉をジェラードがボレー。

ボールは迷うことなくゴールネットに突き刺さった。

その後、延長戦を戦い決着のつかなかった両者。

直後に行われPK戦の結果により、ジェラード率いるリヴァプールが王者の座に輝いた。

シュートだけでなく、パスやフィジカル、スタミナや守備力や賢さも備え、その実力は元日本代表監督のオシム氏も「世界で最も優れた選手は?」と聞かれ「ジェラードだ。

現時点では。

知性のある選手だ」と讃えたほどである。
Japan on FIFA.com - FIFA.com