ブッフォンついて

ユヴェントスに所属するイタリア代表ゴールキーパー、ジャンルイジ・ブッフォン。

イケル・カシージャスやペトル・チェフと肩を並べる、世界屈指のゴーキーパーである。

ブッフォンは幼少期、フォワードや右サイドハーフの攻撃的なポジションでプレーをしていた。

そのためか、現在でも高い足元の技術を持っている。

12歳の時、元カメルーン代表ゴールキーパーのトーマス・ヌコノのプレーに衝撃を受けたブッフォン。

自身もゴールを守る守護神への道を歩み始める。

ちなみに2007年に誕生した長男には、ヌコノにあやかって「ルイス・トーマス」と名づけた。

更にブッフォンは、よほどトーマス・マヌコを愛していたのか、彼の出身地であるカメルーンに何人もの養子を抱えているのだという。

スパイクは踵部分にこだわり、強いシュートと高いジャンプを実現したプーマのものを愛用している。