ジャンルイジ・ブッフォンのプレースタイル

「スーパーセーブ」ブッフォンのプレースタイルはこの一言に尽きるのかも知れない。

的確な指示を大きな声に乗せてディフェンスラインに送り、コースを限定したらあとはブッフォンのもの。

次の瞬間、観客席から拍手いう最高の賛辞が彼に贈られるのだ。

ボールを止める反射神経だけでなく、ハイボールの処理や飛び出しの判断も的確で、当然ポジショニングの良さもブッフォンのビッグセーブを支える要因のひとつである。

ゴールキーパーとして、ボールを扱う足元の技術も申し分なく、バックパスの対応力やロングボールの精度も高い。

ただ、怪我には何度か悩まされており、控えゴールキーパーにチャンスを与えてしまうことがあった。

ゴールキーパーとして調子を落とすことなく、常にトップレベルのパフォーマンスを魅せ続けている。

2004年、FIFA100周年記念にサッカーの王様ペレが選出した偉大なるサッカー選手125人に見事ばれた。