ジャンルイジ・ブッフォンの名シーン

「サッカーとは実にシンプルなゲームだ。

俺がすべてシュートを止めればチームは負けないのだから」ジャンルイジ・ブッフォンはそう言い放った。

この底抜けの自身はチームメイトにとっても非常に頼もしいものであるだろう。

しかし、ブッフォンはもう一つのゲームにも夢中のようだ。

「コナミの人間に、ゴールキーパーメインのサッカーゲームを出したら?という話をした」オフの時間をほとんどゲームに費やす、ゲーマーとして知られるブッフォン。

彼は、最近のサッカーゲームのゴールキーパーの操作範囲が少ないことに大きな恐怖を覚えたのだという。

小さい頃、自身はゲーム機器を持っておらず、毎日ゲームを持っている友達のところへ遊びに行っていた。

しかし、そんな毎日がブッフォンにとっては最高に楽しかったのだとか。

ちなみに、ブッフォンのチームメイトとなった仲間の中でゲームが強かったのはディフェンダーのキエッリーニ。

逆に下手だったのはベテランのユリアーノとディ・リービオであったという。